8つの強み

1.就職実績

技術だけではなく、豊かな人間性も兼ね備えた本校の生徒には、毎年、たくさんの求人が寄せられています。

医療・介護・福祉・スポーツ・美容と分野を越えて活躍したり、独立開業している卒業生も多数います。

個別に就職相談や指導を行っているので各々が描く理想の就職が実現できます。


2.中国の中医学士と博士取得

福建中医薬大学日本校と福建中医薬大学で合計5年間勉強しますと、中国の中医と中薬の大学学士号を取得することができます。修士課程、博士課程を修了しますと、「修士学位証書」、「博士学位証書」が取得できます。学位のアップに繋げていけます。

更に国際按摩推拿師、国際中医師、国際鍼灸師、国際薬膳管理師など多様な資格も取得が可能です。


3. 実践的な臨床課程

福建中医薬大学日本校には高校卒業後すぐ入学された方から、定年退職後に新たなチャレンジで入学された方など、幅広い年齢、職業の方がいらっしゃいます。更に医師、薬剤師と鍼灸師も大勢居られ、皆で同じ目標に向かって共に学んでいますので、お互いに刺激しあえる良い関係が築けています。

日本で弱いと言われる中医の臨床に、実践的な臨床課程を重点的に置き、本場中国のレベルまで上げるように努めております。


4.教育カリキュラム

老年化社会と人々の生活水準が向上するにつれ,医療保健への要求が高まっています。今後中国医学である鍼灸師、中薬師が患者から求められる水準も上昇し,鍼灸師、中薬師がそれらに応じていくためにも,臨床現場にでるカリキュラム編成が必要であると考えられます。またより良い教育システムの確立が急務です。


5.附属施術所併設

実際に多くの患者様が来院される附属施術所で、日々の臨床データを集積・分析し、

教育現場にフィードバックします。学生の臨床実習施設であると同時に、卒業生の研修施設としても活用します。

附属施術所に年間1,000人以上の患者さまが来院される附属施術所は、学生の臨床実習施設、卒業後の臨床研修施設としても活用。集積・分析した臨床データは教育現場にフィードバックされています。


6.充実な教員の教育力

福建中医薬大学日本校の教員は、中国の中医薬大学を卒業し、日本の大学病院や研究所等の第一線で活躍している教員たちです。

また、母校の福建中医薬大学から各分野の一流教授が定期的に派遣しております。

豊富な臨床経験を持って、流暢な日本語で本格な中医学を生徒に分かりやすく伝えます。

確かな指導力と、中国医学を熟知したベテランの教員が
ひとりひとりをサポートします。



7.学びの特色:特化した専門性の高い授業

現代医学の理論に基づきながら、鍼灸医学の基礎から応用までをしっかり学習。また、1年次から附属施術所で臨床実習見学を行い、現場の生きた鍼灸に触れていきます。

8.実践的な技術・知識が身につく「特修授業」

美容鍼灸、スポーツテーピング、スポーツ鑑別診断、障がい者・高齢者に対する介助・介護法などの「特修授業」を取り入れ、時代のニーズに合った職業実践的な教育を行っています。




学生の声

難病治療の治療院を開きたい

医師の資格を持ち、難病の親を看病する中で、鍼灸の効果を知り、難病治療の専門的な知識と技術を身につけたいと入学を決心。

特修コースは、すぐに役立つ技術が学べて対人での実技授業が多いのも魅力。将来は、難病専門の治療院を開きたいですね。

中医薬学など様々な知識・技術を学ぶことで、夢が具体的になっていきます。

(井上綾 さん  臨床鍼灸科:特修コース1年)

環境&サポート

半日授業あり

1日3時間(90分×2限)の密度の濃いカリキュラム。ライフスタイルに合わせて、授業のない時間を勉強や余暇、治療 などでのアルバイトにあてることも可能です。

各種奨学金

学費サポート

日本学生支援機構奨学金、提携教育ローン、日本政策金融公庫ローン、各種特待生制度、学内進学奨学制度などにより

就学をサポートします。

就職にも有利

鍼灸は1人ひとりの体質や症状に合わせた治療で効果を最大限に高めることができます。

特修コースでは、そうした多様性などを踏まえた鍼灸治療の基礎を学べます。

さらに、スポーツ・美容・高齢者医療・介護・健康などの分野で必要な知識と技術も身につけることができ、就職にも 有利です。

お問い合わせ

福建中医薬大学日本校

TEL:03-5577-7635

MAIL:k@nannbyou.com

住所:〒103-0007東京都中央区日本橋浜町2-55-7日本橋パークサイドビル4F